火の国九州

ちょっと前ですが、鹿児島霧島新燃岳、雪はありませんがたいそう寒かったです。現在立ち入り禁止の新燃岳、水蒸気か火山ガスかモクモクでした。高千穂が尖って見えました!

絶対に、パート①

絶対に、
電車で、会社で読まないでください。笑いを堪えるのは無理ですから!
今日は、本の紹介です。

ちょっと前の話です。
昼休みに昭和の喫茶店でのんびりコーヒー飲んで新聞を読むのが楽しみDEATH
紙の新聞購読するのを止めてしまった。嗚呼、読売新聞人生相談楽しみだったのですが、あまりの高額な新聞料金に負けました。というより、電子版の紙面閲覧をiPhoneでしようとしたのですが、登録がどうしてもできず、販売店、大阪本社にまで迷惑電話かけてもまったく進展せず、仮パスワード3回もらってもだめだったので、堪忍袋の緒が切れ立腹して止めたのが真相です。これからこうゆうのが増えてデジタル弱者老人になって行くのが怖いです。、、、
で、今は新聞を喫茶店でゆっくり読みます。
最下段の週刊誌&本の新聞広告が大好き!、広告見るとみんな読みたくなるのです。ほんと単純です。
そこに今日はなんと
新章 神様のカルテ 夏川草介 が載っているではないか?
信濃大学病院でどうなって行くのか?はるな姫は、一止に何が起きるのか?本庄病院は?(モデルは相沢病院か?)たぶん今回も大ドラマです。
シリーズになりました。出版順には、
 神様のカルテ1
 神様のカルテ2
 神様のカルテ3
 神様のカルテ0
 新章 神様のカルテ
です。映画は見ていません。
1、2、も3も一気読み、泣かされました。0は学生時代のスピンアウトです。
舞台は信州松本、信濃大学病院が舞台ですが、実在は信州大学医学部付属病院です。つまり我が母校、信州大学が舞台のひとつなのです。
キャンパスの描写や、生協、2階の食堂、女鳥羽川、四柱神社、学生祭の銀嶺祭、
ホテルブエナビスタ(美しい風景という意のスペイン語)、医学部、信大病院、教養部の正門前のカレー屋メーヤウ(小説では本名はさすがに使えないのでメーサイになっている。タイカレー屋でグリーンカレー美味しいです)嗚呼、すべて懐かしいです。
作者の夏川草介氏(1978年生)は、つまり信大医学部の卒業生で、私の15年ほど後輩で医者なのです。会ったことはないけど、えらそうに先輩顔をしてしまうのを御赦しください。

神様のカルテが題名ですが、神様が書いたカルテなのだそうです。人は神様が書いたカルテをそれぞれ持っている。それを書き換えることは人間にはできない。医者は書き換えられないと言いたいのかもしれません。

今回もじっくり読むつもりが、一気に読んで終わってしまいました。信大病院でもアルバイトをした記憶があります。過去に重篤な急性高山病のなった方と表銀座縦走のサポート(簡単に言えばボッカ)したり、高山病に効くかもしれない薬剤を使用しての6000m峰登山や、医学部内でここには書けないような●験のアルバイトをした記憶があります。担当の教授が当時のチャールズ皇太子に似ているような気がしたのでチャールズとあだ名をつけた事もありました。ああごめんなさい。

パート2に続く

決まったか!ハンドジャム

良い感じでハンドジャム決まったような格好ですが、なかなか思うようには、、、、、、、?
オーツンのジャミンググローブ、インチキぐらい効きます、止まります。はずなんですが、ジャミングする感じをお客さんに説明するのが難しいのです。感覚が、、、、、、普通決まれば大きなガバホールドを持った気分になれるはずです。大学生の頃、小川山に始めて行って、クレイジージャムやジャックと豆の木、パピヨンで手を血で染めた記憶があります。もちろんニチバンのテーピングぐるぐる巻きです。

The Arctic Cathedral/Tromsdalen Kirk

The Arctic Cathedral/北極教会のスノードームです。実際に観光にも行きました。モダンな教会でした。宗教色は薄かったです。来ているひとが観光客だからかな?2018年3月でした。
セイウチ?北極ミュージアムも行きました。ごまアザラシ猟も剥製になっていて今は知りませんが、昔は斧で殴って捕っていたようです、、、、、、、、、、、なんだか複雑な気分ですが、みんな肉たべているし、、、、、
今日は何故か、ノルウエイの事を写真をみていたら思い出しました。

にゃごや出張

定番の昼食 なごやめし 住よしのきしめん食べてきました。なぜか名古屋駅に行くと無性に食べたくなります。鰹節が安心の味。麺類何でも大好きかもです。新幹線のホームでいつも食べますが、在来線にもきしめんや多数存在。お店が違うと味が変わるのかしら、、、、半年ぶりの新幹線、自由席でしたが7〜8割は座席埋まっていました。コロナでだーれもしゃべりません!

いつもきしめんの具に迷う。かき揚げか、イカ天か、キツネか?ネギ大盛りとか有るのかしら?

とったどー

噂では今年はキノコ豊作のようですが、、、、、なんと本当でした!今日のきのこイベント採れすぎました。がっはっはー
ほんまです。笑顔が証拠!

なめこ大量、ヒラタケちょびっとでしたが巨大な株が採れました。笹木棒のこぎり鎌が大活躍、ブルーシートならぬグリーンシートも大活躍、山本一夫師匠の傘も良かったです。じゃんじゃん
なめこの山です。少々乾いているのもありますが、水で洗えばあら不思議元通りのぬめぬめなめこちゃんに戻ります。来年は11月初旬に開催予定、お楽しみに!

未知のエリア探検

雪彦でにわか雨に降られ転進!ひめじの岩場で奥のほうの未知のエリア探検してきました。高さ15m以上で良い感じです。次回、アプローチのロープ付け替えます!

西日が当たって、これからは暖かくて良いエリアです。
下部はコケがあります。滑ります。つるつるです。次回、ワイヤーブラシで掃除します。あとどんぐり地獄も何とかしなくっちゃ!
私も載せろとリクエストがあったので載せます。5.8ぐらい?5.9は無いかな?!

たまにはシュラフで寝るのも良し

再々再、大峰弥山川に行ってきました。紅葉はほぼ終わっていましたが、落ち葉や夜空の星を満喫してきました。雨降らずに本当に良かったです。なぜならテント持ってませんでしたから……..河原でごろ寝も良い感じでした

沈んだ落ち葉と浮いた落ち葉、何が違うんでしょうか?もみじは沈んでます。油分の多い葉は浮かぶのかな?最近は少ないはずでしたが何回も渡渉してハマりました。ああ
ク、クマの寝た跡?いいえ違います。ツエルトビバークの跡です。まず、大きな石を手でのけます。背中が痛いですから、、、、、靴でも退けます。一番いいのはシャベルです。でも今日はさすがに持ってないのでブス板を使いました。よい子の皆さん、ブス板知っていますか?もはや死語ですが私世代は懐かしく思いだします。昔はガスボンベがなかったので、食事作りにはラジウスやホエーブスを使っていました。ラジウスは灯油、ホエーブスはガソリンを燃料に使っていました。どちらも固形メタでプレヒートしてました。で大学生の頃は冬山3週間入山だったので火力の強い信頼性の高いホエーブスでした。2台並べて使い、大きな鍋で雪を溶かして食事を作っていました。ラジウスは灯油なので安全ですが、頻繁にポンピングしないとすぐ火力が落ちるでの、信大では使いませんでした。そうそう、教養ある信大だったので、食事当番はエッセン当番と言ってました。じゃんけんもアインツバイドライで何故か裏表でした。わからない人は次回会った時に説明します。でそのホエーブスを略して、ブス!と読んでいました。他意はありません。そのブスを安定させるのと、熱対策のために下に敷く平らな板をブス板と呼んでいました。
 いつものように脱線しました。元に戻ります。で、ブス板で平らにならします。自分が寝るので真剣です。そして、落ち葉が周りに山のようにあったのでこれを使わない手はない!とかき集め、アルプスの少女ハイジばりの素敵なベットにしました。なかなか良い寝心地でした。〇
もう最後のほう、聖門の滝の鎖場。太ーい鉄の杭が安心です。
おなじく聖門の滝の鎖の巨大なアブミを登ります。体がぶらぶらしま〜す。ここは20年前から変わってません
狼平からは、晩秋の森をひとりじめ?快適な下山

大人気昭和歌謡 80s 洋楽編

いろいろ考えることが多い57歳、角谷です。考える事が多いので財布の置き場所を忘れます。反省。次回は瑞浪屏風山のクラック「感激5.10a」登るぞー!ジャミンググローブを探さなくっちゃ。やっぱりあれでずるしないと滑りますから。
で、今日もいろいろ考えました。

 時代は令和、私の生まれた昭和38年はだいぶ昔になってしまいました。1963年です。今、若い人の中で昭和歌謡がはやっているそうです。鬼滅の刃は見る気がしませんが歌謡は得意です。昨日車に乗っていたらダイアナクラールの話になりました。眠かった目が覚めました。おっおじさん知ってますよー大好きです!
ならず者、たしかイーグルスのデスペラードのカバーを歌っていたな、、、、そうそう、あの微意r−ジョエル(変換ミス)Billy Joel ビリージョエルの素顔のままでも歌っていたはず。ビリージョエルは中学生の頃(高校か?)聞いていたような、たしかレコード?家にあるかも。ストレンジャー、白いお面を持ったレコードジャケット覚えています。いまでもイントロの口笛、透明感のあるボーカルが頭に流れてきます。
で、素顔のままでです。

Billy Joel Just The Way You Are
Don’t go changing
To try and please me
You never let me down before
Don’t imagine
You’re too familiar
And I don’t see you anymore
I wouldn’t leave you
In times of trouble
We never could have come this far
I took the good times
I’ll take the bad times
I’ll take you
Just the way you are

ビリージョエル 邦題 素顔のままで
君はそのままでいいよ
僕を喜ばせるために
君にがっかりしたことなんてないよ
考えなくていい
慣れてしまって飽きられるなんて
そんなこと思わなくていい
僕は君をひとりにはしない
どんなに大変なときも
ここまで僕たちはやってこられただろ
これまで良い時も
この先 辛い時も
僕は君を受け入れよう
素顔のままの君を

おっと、主題から離れました。失礼。
ダイアナクラールの話でした。Wallflowerにデスペラード入っていたはず。
思い浮かぶだけで 他には

夢のカリフォルニア  The Mamas & the Papas
デスペラード イーグルスのホテルカリフォルニア
言い出せなくて  イーグルス?  
アイム・ノット・イン・ラヴ 10cc

最高に懐かしーです。なんで壁の花なんか、誰かご存じですか?
で、やっと本題です。ダイアナクラールの旦那さんが、あの、エルビス・コステロ 代表曲ベロニカなんです。知ってました?
でで、コステロも中学生か高校生のころ聞きました。私が好きなのはベタですが「she」です。
映画「ノッティングヒルの恋人」の歌に使われましたね。
何かで見たか、ラジオで聞いたか、テレビで見たか?忘れましたが、コステロのこの歌のモデルはちょっと高齢の女性をイメージした曲ではないかという話でした。
恋愛とか、恋の歌ではなくて、認知症の方を歌った歌ではないかということでした。歌詞を見るとどっちとも取れそうな気がしませんか?私は認知症派です。

She
May be the face I can’t forget
The trace of pleasure or regret
May be my treasure or the price I have to pay
She
May be the song that summer sings
May be the chill that autumn brings
May be a hundred different things
Within the measure of a day

彼女の
表情は忘れることはできない
喜びや悲しみを伴ったあの表情を
彼女は私の宝物、もしくは代償
彼女は
夏が歌っているように暖かければ
秋が連れてきた冷気のように冷たい
1日の中でもたくさんの面を見せる女性なんだ

そしてそしてそして、Sheは、フランスのシンガーソングライターの1974年リリースの「忘れじの面影」 (Tous les visages de l’amour)のカバーだったのです。衝撃の事実です。1974年 フランス、イギリスで大ヒットしたそうです。
やっぱりフランスなら愛の歌なんでしょう。ちゃんちゃん

作成になんと3時間かかりました。最後まで読んでいただいて感謝。

キノコ取りとP1尾根+戸隠そば食い倒れ

どんぐりハウス〜P1尾根〜西岳〜本院岳〜八方睨〜蟻の塔渡り〜100間長屋〜戸隠神社奥社〜鏡池 激闘13時間の翌日、疲れてキノコ取りに変更!栗田家、いやクリタケを見つけましたよ〜
巨大ヒラタケ発見!
クリタケ?ムキタケ?ちょっと自信なし
ちゃんと山登りも頑張りました。昼過ぎから雪が降り出して危なかったです。岩の上にドロ、その上に落ち葉、その上に氷(樹氷みたいなやつ)、その上に雪で滑りまくりでした。迫る夕闇と競争しながら戸隠神社へぎりぎり降り立ちました。
謎の人物、姨捨Pにて
トリたち!?、食用ではありません。ペットのちょこ?です。
訂正してお詫びします。チョコは犬でした。アヒルはポッキー
とろろにしん蕎麦、おいしゅうございました!
無敵の天ざるそば!さすがそばの王様、いもなんきん付き