2月の山 いろいろ行きました

大山弥山尾根、宝珠尾根、烏ヶ山、摩耶山、大山夏山登山道、蛇谷ヶ峰、西吾妻、キナバル、クライミングも行きました。みんな楽しかったです。暖冬・小雪は東北でも顕著で大変憂慮しています。今シーズンはまだ1回もスキーに乗っていないし、困ったもんです。さて3月はいかがでしょうか?と思っていたらコロナで自粛ですね。会社も時短営業でどうなることやら。私もマスクしています。風邪引かないようにしよっと

弥山尾根、昼前にガスが晴れて青空が出ました。雪少なかったです。急傾斜の藪漕ぎみたいな感じ?
烏ヶ山の宇多田岩?宇多田ポーズは奥田さんです
摩耶山、珍しく雪が積もっていました。ほんの少しだけ
蛇谷ヶ峰も雪、スノーシューパーティがいて助かりました。途中から結構もぐりましたよ。それでもスキー場は休業でした。よく自衛隊の人が昔のスキーで練習しています。
西吾妻もモンスターは未完のまま、暖かかったです。残念
なんと西屋の前も雪ありません。道路もほぼカラカラ。温泉は相変わらず最高に良かったです。ちょっと熱いけど。ねこも元気でした。2匹とも巨大です。ココちゃんよりかなり大きい!
キナバル ラバンラタ小屋の夕焼け、雲海が奇麗でした。今回は雨一滴も降らず快適でした。ロッジが増えてるような気がしたのですが、、、、
色々ありましたがフェラータも無事楽しめました。ちょっとショボいところもありましたが、、、、まあ角谷だけのネガティブ意見ですけど、、、、、、つまり、頂上往復してきて疲れてすぎていたのに、フェラータで下ってまたかなり登り返しが超きつかった。その上さらに4時間半の下山が、、、、、、この日は14時間行動でした。皆さんお元気!
キナバルの現地ガイドさんは、なんと岩見さんでした!そっくり。岩見、元気にしてますか!!!
朝焼け・雲海が奇麗でした。お決まりのゴリラ岩、マレーシアのマッターホルンですな。いつかあの上に立ちたいと野心を燃やしています。

放浪の旅①インドコブラ

大学生の2年生になった4月から半年大学を休学(授業料を払わなくて良かった)してネパールで6,000mのライトエクスペディションと4ヶ月インドを放浪した。正確には秋には日本に帰る予定なので放浪ではないが自分的には大冒険の時代だった。乗り合いバスやインド国鉄(もちろん2等車)ラクだにも乗ったし、闇両替で結構だまされました。もちろん買い食いの旅なので、カレーを食べて下痢、サモサを食べて下痢、しかしインドには公衆トイレがほとんど無い。困った続く

デリーかバラナシかマドラスかボンベイ(今はムンバイ)か記憶にないです。もしかしたらカトマンズかも?大体大道芸人の人は寺院前とかにいらっしゃいます。
謎の笛を吹いてコブラを踊らせます。いい顔してますね。

たまには本職のことも、、、、

山にも時々行っています。年末甲斐駒から夏沢鉱泉アイス、ロッククライミングスクールも良い感じでした。この冬は暖かく、クライミングには良いですが、冬山はどこも雪が少なくて冬らしくありません。そろそろ本格的に積もって欲しいものです。

夏沢鉱泉 G4の20mのF1 長くて傾斜もありそこそこで楽しめました。氷もお風呂も豆乳鍋もリンゴシャーベットも湯たんぽも最高でした。今シーズンは八ヶ岳も極端に雪少ないです。
ネコみたいにすぽっとハマりました。良い感じですね。
こんな感じですぽっとハマります

トロッコ列車

何年か前、立山カルデラ見学に参加させていただき、憧れのトロッコに乗りました。伝説の立山温泉跡も見学でき充実の日でした。浄土山の向こうにこんな歴史ある場所があるとは思いませんでした。剱岳点の記にも確か出てたはずです。

乗車直前、うれしさが顔に出るとはこの事です。あほですねー。まだまだ修行がタリン。ヘルメット職業柄似合いますな。ガードマンににもなれる気がします。

今日のひらめき昼飯

ランチではない。ひるめしである。コウベ三宮はごはんを食べるところが多い。お気に入りは鰹のタタキ屋、青森ねぶた小屋、あじフライ定食屋、かつ丼、ナポリ?いやワイン飲み放題の、、、、、そうそうローマ軒もよく行く、もちろんカレー屋も3軒ほどある。ここいちではない。モスバーガーに走るときもある。忘れていた。あのラーメン屋である。空腹の度合いが高い場合は、Bラーメン半チャンである。もっこスも寸胴やも素敵。王将も時々おじゃま。牛丼やも2軒ほどキープ。讃岐うどんやも、忘れていたました。センター街の地下にはカオス状態の飲食店がいっぱい。カレー(メニューが1種類で聞かれるのはごはんの量だけ)、パスタ、奥の方の天ぷらやまきのもよく行く。ベトナム料理やは3軒ほどあり大好きである。
 さて本題は本日のランチ 偶然入ったネパール屋、ナン1枚で腹いっぱいである。食べられなくなったなとしみじみもはや若くないと思い知らされる。店の看板名はインド料理、ナマステタージマハル!名前は完璧にインドだが、店内はネパールの香りいっぱい。マチャプチェレのポスターとエヴェレストビール、ボダナートの写真、出てきたナンの巨大さに降参。チキンティッカも素敵。ダルバートは無いのか?突然ひらめいた。今年は1回はネパールに行こう。6〜7年ほどご無沙汰なのではないか。シャングリラに泊まって中庭で優雅な食事を楽しみ、ファイアー&アイスやラジンパットのベトナム料理屋、タンドリーチキンも必ず行くぞー、そうだ、ダルバートを食べに行こう!!!
オモイダシタ、ランジット、ナマステ、サンツァイ!広島でシゴトミツケタカー? オチは、会計の時、この店前に来た、初めてじゃ無かったとひらめき自己嫌悪、80歳ぐらいの記憶力に脱力である

バートバルダイナ、、、ごはんは要らんかった。なんとか完食
極度に酒に弱い私、そういえば、最近昼によしぎゅうで一人瓶ビール2本飲んでるおっちゃんがいたな。オトナって感じか、ただのおっちゃんか、、、、、あっという間に牛皿でビール2本飲んで会計、、、、、5分強か、渋い。もちろん完敗

昔の写真

フィルムスキャナーを新調しました。目的はもちろん膨大なポジフィルムをデジタル化するためです。よい子の皆さん、昔は写真は35ミリフィルムカメラで撮ったのです。スライド(ポジ、リバーサル)で撮ったほうが発色が奇麗でマニアっぽかったものです。フジのフジクロームは、青が鮮やかに発色した。コダックのコダクローム、エクタクロームは、赤や黄色が奇麗だった。大学生の頃は山に必ず中古で買ったオリンパスのXA2というカメラを持っていった。アルバムは捨ててしまったのが残念である。下記の写真もフジクロームでXA2撮影 続く

1990年1月 トーレスデルパイネ セントラルタワー Wild Wild West 17P 5.11+ A3を初登するスコットコスグローブとジェイスミス
パイネ山群 東面 スール、セントラル、ノルテを遠望 ノルテのみ頂上まで行きました
岩と雪 141号 懐かしいです

2020年 年賀のご挨拶

モンブランの青空 ブルースカイブルー

謹んで新年のご挨拶を申し上げます
2020年がこの素晴らしい青空のような、素晴らしい一年となりますよう心より祈念申し上げます
至らない点も多々あると思いますが、さらに良いガイドができるよう、社員一同、(犬猫含む)努力してまいります。
本年も何卒よろしくお願いいたします。
2020年 元旦

昔話の続き

再掲載 確か2010年 
12月29日から31日 燕岳
八ヶ岳からの冬型の天気が続き、寒い本格的冬山登山になりました。29日 朝は晴れて青空だったのにお昼には雪。ゲートから舗装道路を12キロ歩くのが今日の仕事。三年ぐらい前に来た時もウンザリだったが、今回も中房温泉まで◯◯キロの標識が減るのを楽しみにノンビリ歩く。時速3キロのペースで四時間。時折枝から雪爆弾が落ちてくる。中房温泉はカビ臭いですが、お風呂は最高。珍しく二回も入りました。30日は楽勝気分で合戦尾根を登り始めましたが、結局6時間近くもかかりました。31日朝は、マイナス20度!風は昨日より少し弱かったので、燕岳を往復。冬山の一番の敵は、やはり風!冷たかったです。あとは長い下山。今年も無事終わりました。
と、思いましたが、苦難の道はまだ続いていました。名古屋までは、スムーズに帰ってきましたが、寒波で特に、西日本にも雪が降っており、名神高速・新名神が通行止め、それではと、中央道から、東海環状、伊勢湾岸道から名阪国道で帰るか。と気楽に考えていたのですが、名阪国道も雪で渋滞30km。これは大変と、国道165で帰ろうか、166で帰ろうかと迷いましたが、165も名阪国道の迂回路で混雑していると思い、安全策を取って、166へ、12月に局ヶ岳に行った時の道なので、安心と思っていたのですが、奥香肌峡あたりから、路面に雪がでてきて雪も降り出し、進むほど、車もいなくなり、2車線の道路の真ん中に車の轍が1本となり、積雪は30cmを超えてきました。しかし、どこにも迂回路はなく、帰ると決めたからには、帰る!とラジオで紅白を聞きながら強引に進みました。問題は高見峠、あのトンネルさえ超えれば大丈夫!上り坂になり、もう方向転換もできないようになり、積雪50cm。もう一旦止まったら動けなくなるのは明白!祈るような気持ちでスピードを落とさないように強引に登って行くと、トラックのテールランプが、、、。あと200mでトンネルという所でトラックが動けなくなっていました。万事休すとはこのことか。大晦日なのに。積雪は新雪が60cmになっており、どうしようと呆然、トラックは何度も滑り、どんどん横を向いてきてもう動けません。もうこうなったら新雪60cmを行くしかない。何度か、車を前後させ、トラックの横をなんとか抜け、これで帰れると思ったが、とうとう前にも後ろにも行けなくなりました。

続く!

燕岳 寒かったなー

おー 家宝ゴルビーまとりおーしか登場

Do you know GORUBI-?

ズドラストビーチェ 旧ソ連 ミハイル・セルゲーエヴィチ・ゴルバチョフ書記長、後に大統領 ペレストロイカとグラスノスチ、よい子は知っていますね? モスクワ・クレムリン近くの赤の広場の土産物屋で出会いました。ご本人もまだお元気でいらっしゃいます。1992年テンシャン山脈ハンテングリに登りにいった時です。MI−16(ソ連の2.5トン掲載可能の軍用ヘリ)でBCに入ったのを覚えています。ロシア人ガイドが6000mに掘った雪洞(寒くて、氷穴になっていました)でビバークして吹雪の中登りました。強烈に寒くて寒くてユマール登行が難行苦行でした。大理石稜だったかな。とにかく毎日羊料理でトイレもう○こが羊の匂いがしました。もちろん生きた羊もMI−16で一緒に乗って行きましたまる ハラショー