絶対に、パート①

絶対に、
電車で、会社で読まないでください。笑いを堪えるのは無理ですから!
今日は、本の紹介です。

ちょっと前の話です。
昼休みに昭和の喫茶店でのんびりコーヒー飲んで新聞を読むのが楽しみDEATH
紙の新聞購読するのを止めてしまった。嗚呼、読売新聞人生相談楽しみだったのですが、あまりの高額な新聞料金に負けました。というより、電子版の紙面閲覧をiPhoneでしようとしたのですが、登録がどうしてもできず、販売店、大阪本社にまで迷惑電話かけてもまったく進展せず、仮パスワード3回もらってもだめだったので、堪忍袋の緒が切れ立腹して止めたのが真相です。これからこうゆうのが増えてデジタル弱者老人になって行くのが怖いです。、、、
で、今は新聞を喫茶店でゆっくり読みます。
最下段の週刊誌&本の新聞広告が大好き!、広告見るとみんな読みたくなるのです。ほんと単純です。
そこに今日はなんと
新章 神様のカルテ 夏川草介 が載っているではないか?
信濃大学病院でどうなって行くのか?はるな姫は、一止に何が起きるのか?本庄病院は?(モデルは相沢病院か?)たぶん今回も大ドラマです。
シリーズになりました。出版順には、
 神様のカルテ1
 神様のカルテ2
 神様のカルテ3
 神様のカルテ0
 新章 神様のカルテ
です。映画は見ていません。
1、2、も3も一気読み、泣かされました。0は学生時代のスピンアウトです。
舞台は信州松本、信濃大学病院が舞台ですが、実在は信州大学医学部付属病院です。つまり我が母校、信州大学が舞台のひとつなのです。
キャンパスの描写や、生協、2階の食堂、女鳥羽川、四柱神社、学生祭の銀嶺祭、
ホテルブエナビスタ(美しい風景という意のスペイン語)、医学部、信大病院、教養部の正門前のカレー屋メーヤウ(小説では本名はさすがに使えないのでメーサイになっている。タイカレー屋でグリーンカレー美味しいです)嗚呼、すべて懐かしいです。
作者の夏川草介氏(1978年生)は、つまり信大医学部の卒業生で、私の15年ほど後輩で医者なのです。会ったことはないけど、えらそうに先輩顔をしてしまうのを御赦しください。

神様のカルテが題名ですが、神様が書いたカルテなのだそうです。人は神様が書いたカルテをそれぞれ持っている。それを書き換えることは人間にはできない。医者は書き換えられないと言いたいのかもしれません。

今回もじっくり読むつもりが、一気に読んで終わってしまいました。信大病院でもアルバイトをした記憶があります。過去に重篤な急性高山病のなった方と表銀座縦走のサポート(簡単に言えばボッカ)したり、高山病に効くかもしれない薬剤を使用しての6000m峰登山や、医学部内でここには書けないような●験のアルバイトをした記憶があります。担当の教授が当時のチャールズ皇太子に似ているような気がしたのでチャールズとあだ名をつけた事もありました。ああごめんなさい。

パート2に続く