加古川大事件

加古川は山神社、御着岩、などクライミングや高御位山ハイキングなど時々仕事に行く。有名なのはかつめし?名物ビーフかつめしPRキャラクターかっつん・デミーちゃん知ってますか?中国道の加西のSAで食べた記憶がある。ビーフしかないのか、とんかつではだめなのか?謎は多い。加古川城趾公園もあるのは知っている。
加古川駅前にはヤマトヤシキがある。最初それなんなん?と思ったが聞けば高島屋系の百貨店だそうだ。まだやっているかは?です。今年7月某日、峰山高原の沢に2回目行った。いつものように明石SAで時間調整しても30分ほど早く着いた。 先日の腫瘍摘出手術で4cmほど切開して8針弱縫ってまだ5日目、患部を濡らしたくないので、傷パワーパッドとサランラップとビニール袋とホースラップで厳重に防水した。
8:30改札前で集合なので、より防水を完璧にすべくホースラップと財布を持ってまず昼ご飯のおにぎりと麦茶を711で買う。改札前に良いベンチがたくさんあるので、買い物と財布を隣の椅子に置いていそいそと防水作業に励む。そのために今日はショーパンで来た。膝が曲がらないぐらい巻いて防水完了。これでひと安心。顔を上げると今日の同行者がずらり勢揃い。今日はガイド仕事ではない。電車組も車組も集合して一路播但を北上、梅雨のさなか、晴れている!ガイド仕事の日に晴れろよと、内心毒づきながら沢の横で、総お着替え、鮎釣りパンツが使用20年ぐらいで穴が空いてきたので、急遽あまぞんで買った3,000円弱のウォータースポーツ用ネオプレインパンツとカヤックジャケットで武装してから入渓、堰堤上からジャブシャブ進む。前回より水量少なく平和な沢でキャッキャとおばさまたちのおしゃべりを聞きながら時々ロープを上から投げながら快適に進む。昼ご飯はそうめん揖保乃糸ときょうざの革ピザ風味、だいぶブームに遅れているが初体験のタピオカミルクティもごちそうになり満足。最後の黒岩の滝を目指す。今日は大きく高巻く所もなくぐいぐい行けた。何故かこの沢はかえるもオタマジャクシもヒルも居ない天国のような沢である。時間が押してきたので、少しだけ右岸の登山道でショートカットして黒岩の滝下へワープする。今日もまあまあの水量、左の滝本流はかなり飛沫で濡れ、コケまくりなので、今日も安全パイの比較的乾いた右から攻撃。
無事登りきってロープを投げようとしたら、下から単独行の若い男性がフリーソロでぐんぐん登ってくる。あの若さがうらやましい、、、、沢終了でそのままの衣装でぬるぬるの登山道を下山口へ、業務終了で加古川駅で解散。疲れました。運動したので足に筋肉付けるためからあげクンを食べて、コーヒー飲んで帰るかと近くノ711に寄る。
貸したハーネスやヘルメット、沢シューズ、濡れたネオプレインパンツ、ソックスを無造作に突っ込んだのでトランクはいつものようにぐちゃぐちゃである。朝、711でななこカード使ったなと思いながらザックの中を探す。財布が無いと買い物できない。おにぎりとお茶買ったとき、一緒のコンビニ袋に入れたなーと思い出しながら探す。ザックから取り出してダッシュボードの下の物入れに入れたのかな?車のドア4枚開けてシートの下も見て、シート後ろのポケットも見て、荷物を駐車場に下ろして探しても、’’ない”、財布がない!

続く

軟部腫瘍摘出手術顛末記

子供の時は、絵はうまかったのに、、、、無影灯のつもりです

4ヶ月ぐらい前から膝にぐりぐりが出来た。だんだん大きくなってきたので気になっていた。最近は直径4cmぐらいに成長した。
股関節の人口骨頭の定期検診に行ったときに、ついでに整形外科のドクターに診てもらった。ついでと言ってはたいへん失礼ですが、何科に行けばいいのか???でしたので。押してもあまり痛みはない。超音波で見てもらったが詳細不明で後日MRI、水がたまっているわけでもないので軟部腫瘍ということでした。沢登りで膝つくと痛いのと邪魔なので思い切って手術で取ることにした。注射器では抜けないらしい。
以前、痔の手術をしたときは、すぐ帰るつもりだったのに、まだ麻酔が効いているからだめと言われ、1時間近く寝ていたのを思い出して、今回は会社を休んで手術に挑んだ。右足なので、アクセルとブレーキが普通に踏めないといけないので、車で来てはいけないの注意も守って、電車で行った。我ながらやっとまともな人間になったと自分を褒める。
外来でスナップとマジックテープがたくさんついた分解できる手術着に着替え、外来の看護師さんと歩いて5階の手術室のフロアーに上がる。最初の部屋でスリッパを手術室用に替える。ここで外来の看護師さんと手術室の看護師さんと交代となる。次のドアの向こうは、エアシャワーの部屋、ノズルがたくさんあって強風がでる。そこを越えると2つ手術室がある。1コはすでに患者さんもいてたくさんの医師や看護師さんがいた。モニターには恐ろしげな映像が、、、、、ちょっと金鳥、いや緊張してくる。私は別室へご案内いただく。期待した失敗しない米倉涼子ではなくて、緑の手術着のいつもの大阪弁の紳士ドクターが執刀医、紺のウエアの若い看護師か、補助ドクター2名、師長さんみたいなベテラン看護師さん1名、4名ががりでオペスタート。いよいよ手術台に寝て、無影灯?手術灯を見てさらに金鳥、左右の腕を取られる。左手には血圧計、右手にはSPO2、患部は右膝なので、膝の上下各30cmぐらいイソジンみたいなものでベトベトに消毒、いよいよ麻酔である。
その時思いだした。痔の手術の時も、麻酔が非常に痛かった。肛門周りにたくさん注射打たれるのだからたまったものではない。
今回はデリケートな局部ではないので安心していたが、ちょっとチクッとしますの発生いや発声と同時に、痛い痛い痛い痛い痛い!たいそう痛いではないか?思わず声が出る。膝のあたりは肉があまりない。針が骨にあたってるのでは?と思うぐらい深く刺す。27番にするか等執刀医の先生の声が聞こえる。要するに細い針のほうが痛くないらしい。それからは最初の麻酔の効果もありあまり痛くなく麻酔終了。なんか切ってるなみたいな感触がある程度で腫瘍摘出手術はあっけなく終了。
切った腫瘍は生検へ、、、見せてもらったがタコの切り身みたいでした。
よんまるくりあ?縫い合わせる糸の太さらしい。抜糸しなくていい糸で縫ってもらい、ばっちり透明巨大傷パワーパッドを貼ってもらって30分ぐらいで無事終了、抗生物質とロキソニン・胃薬もらって終了。手術代、3万円弱お支払い。これだけたくさんの人と設備と技術を駆使してを3万は安いです。術後痛みはほぼなく快適です。あー早く風呂に浸かって入りたい。病院の皆様、コロナ過で大変な時にありがとうございした。

もっともっとネコ自慢

会社の同僚のネコちゃん、そらちゃん メスです。元のらちゃんさくらねこです。耳カット済みです。右も左もカット???

まんまるおめめで見つめてきます。白足袋に白ベスト、白い口周りがすてきです。毛並みピカピカですね。

もっとネコ自慢

またまた友人ネコをご紹介させていただきます。三宮にお住まいのイトウなる君です。
元保護猫で、去年の夏にうちに来ました。ちょうど1歳ちょっとの男子です。
肉球は黒いですね。
毛も実は黒猫じゃなくて、黒キジです。日当たりによってシマ模様が見えます。
冬は床暖房にべったりなせいか、心なしか毛色が薄くなっているような。

おれはワイルド黒猫だぞー?毛つやが半端ないですね。いいものもらってるのかな?ああ撫でたい、撫でたい、若い雄ネコ撫でさせて〜
肉球はもちろん黒!目力がすんごいですね。若い雄ネコって感じです。私も若さがほし〜い。私って誰のことでしょうか

猫自慢 草野あおちゃん4歳オスです

会社の同僚のネコです。元ノラ出身、肉球は黒!

いい柄ですね。口が白いのと、目がエメラルドグリーン!高解像度写真注文中です
もふもふの毛並みたまりません。この毛並みは外人さんでしょうか?もしかしてらいよんちゃん?

弥山川 再び

行ってきました。この花なあに?私のポケット図鑑には載っていませんでした。シモツケソウの仲間?あじさいの友達?
指摘をいただきありがとうございます。コアジサイでした。
この前良かったヤマシャクヤクはすべて終わっていました。残念

載せるべき記事(題のみ)
マムート犬
おもろかった本 笑いすぎた
マネー、マネー、マネー
闇両替
猫友 あおちゃん4歳オス

???でしたが、コアジサイです。日本固有種で、本州の関東地方以西、四国、九州に分布し、明るい林内や林縁などに自生する。本種は山野の自生種は珍しくないが、栽培は困難である。以上ウイキペディアより
キレイな澄んだ水、こんな所で沢登りしたいもんです。でもヒルが、、、、、ヒルや大量オタマジャクシの写真もご希望でしたら載せますけど要らないですよね

コロナと登山

不要不急の登山、ガイドも山小屋もいきなり困窮中です。夏の営業を止めた小屋も多く、南アルプス南部はほぼお休みです。穂高は地震の影響もありなんとなく行くのが怖いので剱に夏は行きます。剣沢小屋も定員半分以下で営業予定で、コロナ対策のためシュラフ型シーツを新規購入したそうです。出費して定員減、利益が残るのか心配です。

六甲にコロナ時代の登山ムービーを頼まれて撮影に行ったのですが、台詞どうりにしゃべれなくて、ついつい余計なしゃれを入れてしまうので、カットされました。まあそれは良いのですが、鉄塔の鉄骨に落書きが、、、、、、、

公衆便所の落書きと思えば、良いのでしょうが、、、、、そう思う方もいるという事でしょうか?でもこの落書き人も登ってきたはずでは、、、、、地元の人でしょうか?2年ぐらい前、行方不明の方の捜索で風吹岩からロックガーデンの沢、崖をすべて下って登ってかなり捜索したが見つかりませんでした。その時、登山道から50mほど下の藪の中にゴミとテント発見、どう考えてもテント生活する所ではない。失礼ながらファスナーをこわごわ開けたらオッチャンが1人寝てました。なにすんねん!怒、勝手に開けるな!と普段着の人に気を付けしてすごく説教を受けました。怒られすぎたので早々に退散!怖くて何故ここで生活してるか聞けませんでした。

推察した理由
離婚したくて蒸発中
借金があり、取り立てから逃亡中
ロシアのスパイ
浮浪者?
死んだことにしたかった
893の抗争
世捨て人

とにかく結論は怪しいオトナの事情があると話は落ち着きました。よい子の皆さん、六甲でテントを見かけてもファスナーあけたらえらい怒られます。ご注意を!
やっぱり、誰が、どういう意図で書いたのか考えてしまいます。ソーシャルディスタンス2m、食事前の消毒、休憩時のおしゃべり、行き帰りの交通機関、むやみに心配しなくても上記だけ守っていただければ日帰り登山は大丈夫と、監修ドクターの意見でした。