昔話の続き

再掲載 確か2010年 
12月29日から31日 燕岳
八ヶ岳からの冬型の天気が続き、寒い本格的冬山登山になりました。29日 朝は晴れて青空だったのにお昼には雪。ゲートから舗装道路を12キロ歩くのが今日の仕事。三年ぐらい前に来た時もウンザリだったが、今回も中房温泉まで◯◯キロの標識が減るのを楽しみにノンビリ歩く。時速3キロのペースで四時間。時折枝から雪爆弾が落ちてくる。中房温泉はカビ臭いですが、お風呂は最高。珍しく二回も入りました。30日は楽勝気分で合戦尾根を登り始めましたが、結局6時間近くもかかりました。31日朝は、マイナス20度!風は昨日より少し弱かったので、燕岳を往復。冬山の一番の敵は、やはり風!冷たかったです。あとは長い下山。今年も無事終わりました。
と、思いましたが、苦難の道はまだ続いていました。名古屋までは、スムーズに帰ってきましたが、寒波で特に、西日本にも雪が降っており、名神高速・新名神が通行止め、それではと、中央道から、東海環状、伊勢湾岸道から名阪国道で帰るか。と気楽に考えていたのですが、名阪国道も雪で渋滞30km。これは大変と、国道165で帰ろうか、166で帰ろうかと迷いましたが、165も名阪国道の迂回路で混雑していると思い、安全策を取って、166へ、12月に局ヶ岳に行った時の道なので、安心と思っていたのですが、奥香肌峡あたりから、路面に雪がでてきて雪も降り出し、進むほど、車もいなくなり、2車線の道路の真ん中に車の轍が1本となり、積雪は30cmを超えてきました。しかし、どこにも迂回路はなく、帰ると決めたからには、帰る!とラジオで紅白を聞きながら強引に進みました。問題は高見峠、あのトンネルさえ超えれば大丈夫!上り坂になり、もう方向転換もできないようになり、積雪50cm。もう一旦止まったら動けなくなるのは明白!祈るような気持ちでスピードを落とさないように強引に登って行くと、トラックのテールランプが、、、。あと200mでトンネルという所でトラックが動けなくなっていました。万事休すとはこのことか。大晦日なのに。積雪は新雪が60cmになっており、どうしようと呆然、トラックは何度も滑り、どんどん横を向いてきてもう動けません。もうこうなったら新雪60cmを行くしかない。何度か、車を前後させ、トラックの横をなんとか抜け、これで帰れると思ったが、とうとう前にも後ろにも行けなくなりました。

続く!

燕岳 寒かったなー